[openFrameworks] Simple Ripple Program with Kinect Prototype 3

Bookmark this on Google Bookmarks
[`evernote` not found]

Kinectを接続し、音に反応するようにした波紋プログラムを更に拡張、Kinectから対象まで距離を取得するようにし、対象物が特定の距離未満に近ずくと波紋が起きるようにしました。つまり『水の壁』的なヴァーチャルリアリティー表現が出来るようになりました。これからもう少しディテールと見せ方を詰めて考えてみたいと思います。

My little openFrameworks Ripple program finally became a virtual “Water Wall”. You can touch it with Microsoft Kinect controller… This programming technique is; I applied a function that can recognise objects that between specific minimum distance and maximum distance that I defined then using it as a “Mask” layer of the ripple program.